グリーンキーパー連絡協議会

ようこそ第一小学校の芝生へ

府中第一小学校では校庭利用団体と芝生化する部分を事前に協議するなど、学校と校庭利用者と調整をしながら進め、平成23年度に校庭を芝生化しました。以後校庭芝生化にあたり、学校、校庭利用団体、芝生ボランティア、芝生維持管理業者から構成されるグリーンキーパー連絡協議会を立ち上げ、毎月1回程度芝生維持について話し合っています。

 

取り組み紹介① ポット苗植え(昨年度までの取り組みです)

児童は業者の方の話を聞いて、ポット苗の植え方について学びます。経験のある上級生が下級生に方法を教えるほほえましい姿も見られます。芝に直接触れることで、芝生へ愛着が育っています。

 

取り組み紹介② はだしの運動会

健康推進、芝を直接感じる機会として、珍しいはだしの運動会を行っています。6月のポット苗補植作業から養生など管理を行い、よい状態で運動会を迎えられるようたくさんの人に支えられながら、維持管理をしています。

 

取り組み紹介③ スポーツ団体との協力

主に土日に利用しているスポーツ団体と保護者地域の方々の活動によって芝生の維持管理ができています。

スポーツ団体の方々は、ポット苗植えの際に植えるポットづくりや芝刈りをしています。ボランティアの方々は、基本的に毎週木曜日(季節、天候により行っていない場合もあり)に、○芝刈り ○目砂入れ ○除草 ○石拾い ○種まき などをしています。